Online Shop
  • 採用情報TOP
  • 店舗採用
  • 本部採用
  • 新卒採用

社員インタビュー

店舗を預かる責任とやりがいは、
一度味わうとやみつきに。
次から次へとやってくるチャンスを
思いきり楽しんでいます。
太田 力
unico港北 店長
2011年入社(中途採用)
業務内容について教えてください

店舗の最高責任者として、店舗運営の舵取りを行っています。
具体的には、各店舗が置かれている環境に合わせた適切な販売戦略の立案や実行、スタッフ教育や次期責任者の育成、店舗資産の管理などです。
それぞれ大きな責任が伴う大切な業務ですが、そのぶん、得られる充実感ややりがいは一度味わったらやみつきになります。 どの業務も、お客さまをはじめ、店舗・本部スタッフと対話をしながら解決策を見つけていく仕事。店長とは「人とのつながりで成り立つ職種」と言えるかもしれません。

仕事でやりがいを感じるのはどんなときですか。具体的なエピソードを交えながら教えてください。

店舗を預かる身として、一番の目標は本部から与えられた売上予算を達成することです。そのためにさまざまな対策を講じますが、予想どおり売上が大きく伸びた時は、この仕事をする上で何よりも喜びを感じる瞬間かもしれません。そして、それを正当に評価してくれる土壌があるのも、この会社の大きな魅力のひとつだと思います。
そしてもうひとつ、自分が手塩にかけて育てたスタッフが大きく成長し、店長や副店長として活躍してくれることも、何にも代えがたい喜びです。
スタッフひとりひとりの特徴を見極め、長所を伸ばせるよう働きかける。みるみる成長していく姿を見ると、「店長をやっていてよかった」と心から思います。

現在のポジションまでの道のりの教えてください。

まずは、地元である北海道のunico札幌にスタッフとして入社。接客の経験が無かった自分にとって、ここでの2年間の経験は店長として働く今も大きな財産となっています。
その後上京し、unico北千住で10ヶ月間、副店長を経験。コンビを組んだ店長がいろいろな業務を任せてくれる方だったので、責任者としてのスキルはこの時に培われた部分が大きいです。
そして、新店の立ち上げとともにunico町田の店長へ。初めての新店運営と店長業務、たくさんの課題に向き合う中で経験した失敗も、スキルアップにつながっていると思います。新店立ち上げから2年目には店舗の年間予算達成率全店1位となり、店舗の成長を結果として残すことができました。
現在は2016年3月にリニューアルオープンしたunico港北の店長として、新店を一から軌道に乗せるまでを見届けた経験を生かすため、日々業務に取り組んでいます。

今後、チャレンジしたいことや目標を教えてください。

現在は店長としてunico港北の運営を任されていますが、自分が得た販売戦略のノウハウや人材育成の仕方、接客や在庫管理などの知識や経験を自店舗のみでなく、より多くの店舗に伝え、実行したい。そして、販売の現場全体に変化をもたらしたいですね。今後はスーパーバイザーとして複数の店舗を統括し、より多くの店舗に良い影響を与えられるよう、挑戦していきたいと考えています。

オフの過ごし方について教えてください。

休日はできるだけ出かけるように心がけています。食べることが大好きなので、一人でぶらぶら街を歩いては、直感を信じて飲食店に入りランチや軽食を楽しんでいます。グルメサイトなどはあえて見ず、本能でお店を決めるので失敗することもありますが、そんな行き当たりばったりな楽しみ方も一興です。
また、サッカーが好きなので、地元札幌のプロサッカーチームの試合観戦をするのも休日の楽しみのひとつ。試合を見ていると、『クラブ=会社組織』、『チーム=店舗』、『監督=店長』、『選手=スタッフ』...などと置き換えて、いろいろとシミュレーションしてしまいます。ある意味職業病かもしれませんね(笑)。
とはいえ、どんな仕事も体が資本ですから、健康第一。少しでも「疲れたな」と感じたら、自宅にこもって睡眠、読書、昼寝、映画鑑賞、うたた寝を徹底しています(笑)。

ミサワを志望している方へ、メッセージをお願いします

やる気のぶんだけ、成功体験と評価を得られる場所。ミサワはそんな会社であるということを、みなさんにまずお伝えしたいです。
やる気と前向きな気持ちさえ持っていれば、チャンスは次から次へとやってくる。そんな環境があることを、私が今、身をもって体験しています。
お客さまはもちろん、ショップや本部の仲間たちと毎日コミュニケーションをとりながら、自分のためだけでなく、誰かのために働くことができる。だからこそ、まわりから必要とされ、信頼されているという実感とともに、やりがいを感じられる。
ぜひ、この好循環の輪の中に飛び込んできてほしいと思います。必要なのは、最初の一歩を踏み出す勇気。ぜひ一緒にunicoで働きましょう!

  • 前へ
  • 社員インタビュー一覧へ