Online Shop
  • 採用情報TOP
  • 店舗採用
  • 本部採用
  • 新卒採用

社員インタビュー

現場を一番に考えられる
SVを目指して。
「会社はチーム」と思えるから、
自分の役割の大切さを実感できます。
村田 奈美
unico事業部 SV(スーパーバイザー)
2011年入社(中途採用)
業務内容について教えてください

スーパーバイザー(以下、SV)として本部に席を置き、複数の店舗を統括。店舗運営のための店長教育や、売上アップに向けた指導などを行っています。
具体的には、定期的に店舗を巡回し、店内が整備されているか、各店でレベルに差がないか、マニュアルが理解されているか、基準をクリアしているかなどを細かくチェック。また、店長やスタッフと面談を行い、本部からの戦略を実行できているか、困っていることはないかなどをヒアリング。
店舗が一丸となって目標に向かえるよう、日々サポートしています。 現場に活気がない時やクリンネスが行き届いていない時は、お客さまをお迎えできるパフォーマンスに達するまで指導することも。常にお客様の目線を意識し、新鮮な目で現場を見られるように心がけています。

仕事でやりがいを感じるのはどんなときですか。具体的なエピソードを交えながら教えてください。

前職のアパレル会社で販売の基本やスキルは身に付けていたつもりでしたが、洋服と家具は全くの別物だと感じました。家具は、結婚や新居の購入など、人生の節目で必要とされるもの。接客にも、大きな責任が求められると思います。その一方で、お客さまと一緒に新しい暮らしをイメージしながらご提案し、喜んでいただけた時はとてもうれしく、やりがいを感じていました。
SVとなった今は、スタッフが楽しそうに、一生懸命にお客さまのご要望に応えようとする姿を見ていることが何よりもうれしいと感じるようになりました。そして、接客の喜びを多くのスタッフに味わってもらえるよう、好事例配信やアドバイスをしていくことが自分の役割であり、やりがいにつながっていると感じます。また、一部の現場の事例を吸い上げてそれを全店に共有し、会社全体の売上につなげられることもこの仕事の魅力だと思います。

現在のポジションまでの道のりの教えてください。

入社2年目で、unico吉祥寺の店長に。売上に対する責任を持つこと、スタッフ育成、店内ディスプレイ、数値分析、商品管理など、業務量が一気に増え、苦労もしました。販売の現場では、お客さまに対するベストなパフォーマンスを常に維持すること、売上を獲得することが求められ、その期待に応えることが成果となります。それを常に意識しながら、予算達成を目標に店舗責任者として舵取りを行ってきました。
その後、新店の立ち上げとともにunico武蔵小杉の店長へ。
何もかもがゼロからのスタートの中、本部やスタッフと連携しながらオープンまでこぎつけたことを昨日のように思い出します。その年に6ヶ月連続で予算達成ができたことは私にとって大きな自信となり、同時にスタッフからの信頼を得ることができました。
そして、店舗最適から全社最適で物事を考えられる力を付け、
自分の引き出しを増やしたいと思うようになり、SVに挑戦することを決めました。

今後、チャレンジしたいことや目標を教えてください。

常に、現場を一番に考えられる。そんなSVを目指しています。本部が戦略や計画をいくら練っても、それが現場で活用できていなければ意味が無いと思うからです。
本部の戦略や計画を現場の立場に立って店舗へ浸透させ、その一方で店舗に対しては店長やスタッフへ状況をヒアリングしながら、適切なフィードバックを続けていく。最適解を見つけていくことで、現場がいきいきと活躍できる機会をたくさん生み出したいと思っています。そして、現在担当している9店舗すべてが予算を達成すること。それが一番の目標です。
また、私の働きや行動から「SVを目指したい!」という声が上がってくるようになったら、さらにうれしいですね。

オフの過ごし方について教えてください。

華やかな印象があるライフスタイルショップですが、意外と体力勝負な一面もあります。出張や臨店(店舗を訪問すること)、商談などで移動も多く、オフィスと店舗を行ったり来たりしています。そのため、体調管理も仕事のひとつ。
というわけで、休みの日は料理をしたり(ビジュアルにもこだわります!)、早起きをしてゆっくり昼寝をしたり。オンとオフをしっかり分けて、体を休めることも多いです。
その一方で、スポーツ観戦やライブハウスに出かけて、お酒を飲みながら大声を出し、汗をかき、ストレス発散もしています。AB型なので、2つの顔があるのかもしれません(笑)。

ミサワを志望している方へ、メッセージをお願いします

ミサワには、部署にとらわれず、スキルアップやチャレンジができる環境がたくさんあります。実際に、私はショップスタッフからキャリアをスタートし、店長、そして現在はSVとして9店舗の運営管理を担当するようになりました。現場と本部の距離が近いことでコミュニケーションも取りやすく、仕事に対する姿勢や成果をしっかり評価してもらえます。また、失敗してもセカンドチャンスを与えてくれますし、良いことは全社で共有しながら課題に対しては各部署が助け合う社風があります。会社がチームで動いているとわかることで、自分の役割の大切さも実感できますよ。

  • 前へ
  • 社員インタビュー一覧へ