• MEN'S
  • men's
  • MEN'S
  • MEN

11月17日(金)
更新!

unico MEN'S Staff Blog

オレunico

unicoのメンズスタッフが語る!日々のコト!家具のコト!インテリアのコト!

参加スタッフはこちら

今回のMEN'S Staff

unico 堺北花田 松井 義比古 まつい よしひこ
unico 堺北花田
松井 義比古 まつい よしひこ

なぜ、山に登るのか。

November 2, 2017

久しぶりの登場です。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

突然ですが、タイトルにもなっている
人は「なぜ、山を登るのか」について。
自分の中で出た答えを書いてみようと思う。

ore_171102_1.jpg

5月某日。
山梨県にある、標高1485mの高さを誇る山「竜ヶ岳」にて。

「さあ、登りますか!」
と、まだ見ぬ山頂を目指して元気よく歩みを進めた。

ore_171102_2.jpg

最初の方は、舗装された歩きやすい道が続く。

ちなみに竜ヶ岳は、山梨県が選定している
山梨百名山のひとつで、展望が良いことでも有名な山。


ふと横を見ると、吊り橋が。
人生初のつり橋に興奮し、さっそく渡ってみることにした。

ore_171102_3.jpg

よくテレビとか見るような、
腐敗して今にも切れてしまいそうな気配は微塵もない吊り橋。
揺れも少なく、安定感は抜群。

そこからしばらく歩き進めると、
それらしくなってきた。

友人の方に視線を向けると、
今度は、小川に木で作られた橋がかかっていた。

ore_171102_4.jpg

先ほどの安定感のある橋とは違って、
手すりや、摑まるものがない。
少し緊張気味に橋を渡った。

本格的な山道はここからだった。

道の傾斜もあがり、
だんだんと2人の息もあがる。

一心不乱に登り続けると、ひらけた場所に出た。

ore_171102_5.jpg

この景色を見た瞬間、
疲れが一気に吹き飛んだ。

ore_171102_6.jpg

一本道がスーッと続いている。
どうやら頂上まで、あと少し。

頂上付近ということもあって、風が強い。
冷たい風が体力を奪っていく。

意識がかすれていく中で、友人がひと言。

「鹿だ!」

ore_171102_7.jpg

「マジかよ...野生の鹿に会えるなんて...」

ここにきて鹿の歓迎を受け、
勇気をもらい、最後の力を振り絞った。
一歩、また一歩。

ore_171102_8.jpg

ore_171102_9.jpg

そしてついに...

ore_171102_11.jpg

ore_171102_12.jpg

ore_171102_13.jpg

山頂に到着!!

絶景に息を呑んだ。
そしてこの瞬間、冒頭の謎は解けるのである。

「この景色を見るために登ってきたんだ」と。

普段見ることのできない、
美しい景色を眺めるために。

そんな山登りの楽しさを味わえた日だった。

みなさんにもぜひ、
こんな登山の楽しみを味わってほしいと思う。

copyright © Misawa & co.,Ltd. All Rights Reserved.