• MEN'S
  • men's
  • MEN'S
  • MEN

09月08日(金)
更新!

unico MEN'S Staff Blog

オレunico

unicoのメンズスタッフが語る!日々のコト!家具のコト!インテリアのコト!

参加スタッフはこちら

今回のMEN'S Staff

unico 京都 千田 薫 せんだ かおる
unico 京都
千田 薫 せんだ かおる

京菓子男子、ここに現る!

September 1, 2017

今回も、京都の魅力をお伝えします!
千田です。

京都ではまだまだ残暑を感じる今日このごろですが、
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

僕の京都の楽しみ方は、
自転車と自分の足で歩く!

なのですが、

最近のあまりの日差しの強さと湿気にまいってしまい、
バスや地下鉄を利用することもしばしば...。
熱中症対策ってやつですね(笑)

そんな新たな?街の回り方を身につけ、
これまで定番だった 
「お寺・神社めぐり」→「ラーメン」→
「カフェでゆったり読書、もしくは、鴨川でのんびり」
というルートに、少し変化が出てきました。

それは!!!京菓子巡りです♫

世間ではだいぶ前からスイーツ男子
という言葉が流行っていますが、

そのブームにもだいぶ乗り遅れ、
僕がたどり着いたのが、「京菓子男子」です!

響きが京都っぽい?(笑)

え?結局スイーツ男子じゃないかって?
マニアック好きな方はきっと分かってくれるはず。

それでは改めて、
「京菓子男子:千田」が
夏に出会った京菓子たちをご紹介します。

まずはこちら。

「祇園ちご餅」

ore_170901_1.jpg

名前からわかるように、祇園祭に伝わる銘菓の一つです。
中には甘く炊いた白味噌が入っていて、
餅の伸びがとても良く、懐かしい素朴な味がたまらない一品です。

続いてはこちら。

「すはまだんご」

ore_170901_2.jpg

京都の茶だんごとともに有名な3色だんごです。
特製の国産きなこを水飴を使って練り上げた一品。
香ばしさのあるだんごは、コーヒーとも相性が良く、
手のひらサイズなので、
つい、ぱくぱくと食べてしまいます。

さらに、こちらはいかがでしょうか?

「屯所餅(とんしょもち)」

ore_170901_3.jpg

僕の家の近所には新撰組ゆかりの地、
壬生(みぶ)というエリアがあるんですが、

その新撰組の屯所(武士や警察などが集まったり駐在するような場所)が
名前の由来なんです。

小豆の粒あんに京野菜の壬生菜餅を練りこんだ一品。
ほんのりとした甘さと壬生菜の爽やかさを合わせた、
京都でしか味わえない餅です。

そして、定番は間違いなくこれ!

「八つ橋」

ore_170901_4.jpg

生八ツ橋という、生地を焼かずに粒あんを包んだ、
おなじみの三角形のものがありますが、
僕のおすすめは、この生地を焼き上げた堅い「八つ橋」!

正直どっちも大好きですが、
こっちはバリバリといくらでも食べられます。
熱いお茶との相性は言うまでもないです!

生八ツ橋に比べて日持ちがするので、お土産にも最適!
万能型の京菓子ですね。

実は、まだまだ紹介したい京菓子たちがあるのですが、
今回はここまで。

最近京菓子を求めて街を歩いていて
気がついたのですが、
京都は本当に「老舗」のお店が多い!

創業100年200年は当たり前のお店が
街のいたるところにあります。

京菓子の見た目の美しさや
味を楽しむのはもちろんですが、

そこにある歴史を知るのも、
「京菓子巡りの醍醐味」だなと感じました。

みなさんも、ぜひ京都に
京菓子を探しに来てみてください!

copyright © Misawa & co.,Ltd. All Rights Reserved.