• MEN'S
  • men's
  • MEN'S
  • MEN

09月29日(金)
更新!

unico MEN'S Staff Blog

オレunico

unicoのメンズスタッフが語る!日々のコト!家具のコト!インテリアのコト!

参加スタッフはこちら

バックナンバー:2017.06

今回のMEN'S Staff

unico 堀江 竹中 崇行 たけなか たかゆき
unico 堀江
竹中 崇行 たけなか たかゆき

1年続いていること

June 30, 2017

今年35歳を迎えたことを機に
「走ること」をはじめました。

ore_170630_01.jpg

きっかけは単純。
35歳、「なまった体を引き締めないと」と。

日ごろから何か運動をしていた訳ではないので、
学生時代以来のまともな運動です。

最初は毎回、体力の無さを痛感しましたが、
1年以上続き、今では「趣味」になっています。

ポイントは、無理せず肩肘張らないこと。

休みの日の週2回。
息がそこまで上がらないペースで。

最初は5kmからはじめ、
今では10kmを1時間弱かけて走ります。

朝起きて、顔洗って、走りに行って、シャワー浴びて。
休みの日は、こうやって1日がはじまります。

走るコースは家の周辺。

ore_170630_02.jpg

ごくごく普通の街中から、

ore_170630_03.jpg

川沿いも。
(ちなみにここは夏、大阪で有名な淀川花火大会が見られます。)

ore_170630_04.jpg

ore_170630_05.jpg

ほかにも公園など。

場所を変えると気分も新鮮で、長距離走っていても飽きません。
自分なりの続けるための工夫です。

余談になりますが、
みなさんは「ジョギング」と「ランニング」の違いをご存知ですか?

「ジョギング」は
準備運動や健康づくりのために無理なく走ることで、
個人差はありますが、
目安は1kmを7分で走ります。

「ランニング」は
趣味やトレーニングなど、向上する意味合いがあり、
目安は1kmを5分で走ります。

私も気づいたら少しずつ
「ジョギング」から「ランニング」に近づいてきているのかもしれません。

今の目標は、10kmを50分以内で走ること!です。

でも何より、継続は力なりですね。
40代、50代になっても続けて行きたい趣味です。

今回のMEN'S Staff

unico 川崎 佐藤 直哉 さとう なおや
unico 川崎
佐藤 直哉 さとう なおや

ちょっと変わったお店

June 23, 2017

久しぶりの投稿となりました。

今回は、ネットで知り、ずっと行きたいと思っていた
"ちょっと変わったお店"
に行った日のことをつづろうと思います。

インドネシア共和国バリ島にあるウブドという村のレストラン
「9 Angels(9人の天使たち)」。

ore_170623_1.jpg

お店の場所は分かりにくいですが、
迷いながらもなんとか看板を発見!!

ore_170623_2.jpg

入り口を抜け、
さらに100m程細い路地を進むと、

ore_170623_3.jpg

カラフルなお店があらわれます。

すべて手作りだというユニークな内装。
心地よく流れる音楽。

フリースペースも併設され、
ピアノやギターを弾く人、
焚き火を囲んで旅話に花を咲かせる人など、
それぞれが自由な時間を過ごしています。

ore_170623_4.jpg

レストランでは、酵素をしっかり摂れるローフード(生食)がずらり。

ブッフェ式になっており、
ナシチャンプルを頼むときのように
お皿にご飯を盛り、好きなだけおかずを取ります。

ore_170623_5.jpg

食べ終わったら自分でお皿を洗い、

ore170628.jpg

食べた分だけテーブルにあるビンにお金を入れる。

そうです!
ここは完全セルフサービスのレストランなのです! 

普段はご飯を残しても、
捨てるのは自分じゃない。

でもここは、
自分が残したものを自分でゴミ箱に捨てる。
取りすぎたことに後悔しました...。

テーブルだって拭いてくれる人はいないから、
食べた後をきれいに片づける。

いつもの自分より少しずつ
責任ある行動になっていくのを感じます。

お金を入れずに帰ろうなんて人はいないし、
信頼があって成り立つこのシステム。

ウブドの人のきれいな心に感動します。

ore_170623_7.jpg

他にも、お客さんが着なくなった服を寄付して、
別のお客さんが買う。
そのお金は、バリ島の身体障害者の学校に寄付しているそうです。

こんなに素敵な環境があったんですね。

「責任ある行動」から生まれる、新しいお店のかたち。

日本にもこんなお店ができたらいいな
と感じた1日でした。

今回のMEN'S Staff

あるくこと。

June 16, 2017

こんにちは!

不安定な天候が続いていますが、
梅雨が明ければ夏本番ですね。
晴れの休日はわくわくします。

と言うのも、
わたしは最近よく散歩に行っているのです。

趣味の楽器から離れ、
休日に少し時間ができたので、
空いた時にふらりと。

今回は、最近お気に入りの散歩道をご紹介します!

ore_170616_1.jpg

「大横川親水公園」ってご存知ですか?
知っている方はご近所さんかもしれませんね。

東京の墨田区にある総延長1800メートルもある大きな公園です。
春は満開に桜が咲き、
夏は花火大会の絶景スポット。
四季を楽しめるので、散歩するにはぴったりです。

ore_170616_2.jpg

ここには、水遊びができるスポットもあります。
子供や家族連れも多く、いつも穏やかな時間が流れています。

ore_170616_4.jpg

大横川親水公園は、
スカイツリーの近くまで続いているので
散歩がてらスカイツリーまで行くこともできます!  

ore_170616_3.jpg

ジャン!!!
いきなり驚きますよね?笑

実は昔からラスカルが大好きで、
期間限定の展示やショップの開催を知り、
東京ソラマチまでふらっと行ってきました!

癒されますね~。

ゆっくり自分の好きな時間を過ごせるので、
目的を決めず、歩くのもいいものです。

今回はこの辺にして、
またお散歩ルートをご紹介したいと思います。

それでは、また!

今回のMEN'S Staff

初ツーリング

June 9, 2017

オレunico初投稿の笠原です。
急に夏のような暑い日が続いていますね。

さて、そんな僕は先日、
初めてツーリングに行ってきました。
場所は江ノ島、鎌倉。
海辺を走るのが憧れだった僕にとっては念願でした。

まずは、海に来たので、
江ノ島海岸近くの浜焼き屋さんへ。

ore_170608_1.jpg

 
なんとこれが食べ放題!
海を感じながら食べる貝は絶品でした。

腹ごしらえも終え、
ドラマや映画で見た海岸を走り、
鎌倉へ向かいます。

観光地ということもあり、
たくさんの人で溢れていました。

江ノ島とはまた違った、
歴史を感じる古都の雰囲気。

鎌倉ならではの建築と自然、
風情のあるお寺、
個性が光る食べ歩きグルメ、
和を感じる雑貨店や甘味処、
全てが新鮮に感じます。

少し歩き疲れたので、ここでブレイクタイム。
コーヒーまでも、どこかいつもと違う味わい。

ore_170608_2.jpg

楽しい時間はあっという間で、
気づけばもう夕方。

最後は江ノ島海岸に戻り、友人と語らいました。

ore_170608_3.jpg

食事も景色も語らいも、
ふらっと、いつもと違う世界を満喫できる。
これがツーリングの魅力ですね。

みなさんも、少しだけ遠出して、
いつもとは違う時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

今回のMEN'S Staff

unico 池袋 加藤 謙一 かとう けんいち
unico 池袋
加藤 謙一 かとう けんいち

私に眠る、アートの世界

June 2, 2017

はじめまして、加藤と申します。
オレunico初投稿になります。

かねてより行ってみたいと思っていた、
箱根「彫刻の森美術館」。
先日、ついに念願叶い、訪れることができました!

芸術に詳しいわけでもなければ、
特別、感性が豊かなわけでもない。
そんな私でも、
なんだかとても吸い込まれるような空間でした。   

ore_170602_1.jpg

ore_170602_2.jpg

ore_170602_3.jpg

右を見ても左を見ても、作品だらけ。
視界に入るもの全てが、
私の心を弾ませてくれる。

どんなことを想いながらこの作品を作ったのだろう...。
見方を変えたらどんな風に見えるのだろう...。

そんなことを考えながら
たくさんの作品を見てまわりました。 

ore_170602_4.jpg

ore_170602_5.jpg

ore_170602_6.jpg

ここには、
パブロ・ピカソの作品だけを集めた
ピカソ館なるものまであり。

とても有名ですが、
実際に見たことがなかった
ピカソの世界にも遊びに行ってきました。

ore_170602_7.jpg

中は撮影ができなかったのですが、
天才としか表現できないような
才能を感じる作品がたくさんありました。

もう、全てが素晴らしかった...!

改めて、
芸術に詳しいわけでもない私が、
こんなに楽しめるアートの世界って
すごいなと思いました。

得られたものが何かも、
どう表現して良いかも分かりませんが、
とにかく、ワクワクが止まらないという事実。

いつかこの感情を言葉にして、
アウトプットできるようになりたいと思いました。

copyright © Misawa & co.,Ltd. All Rights Reserved.