• MEN'S
  • men's
  • MEN'S
  • MEN

02月10日(金)
更新!

unico MEN'S Staff Blog

オレunico

unicoのメンズスタッフが語る!日々のコト!家具のコト!インテリアのコト!

参加スタッフはこちら

バックナンバー:2016.11

今回のMEN'S Staff

loom 越谷 小柳 勇輝 こやなぎ ゆうき
loom 越谷
小柳 勇輝 こやなぎ ゆうき

おきなわ。

November 25, 2016

はいさーい!
お久しぶりです!!

今回は、少し前に行った
沖縄旅行について書こうと思います。

ちなみに先ほどの『はいさい』は沖縄の方言で、
『こんにちは!』を意味するそうです。

ore_161125_1.jpg

まず訪れたのは、首里城。

沖縄には何度か来たことがあるのですが、
首里城は初めてでした。

国際通りやきれいな海の印象と違い、
神秘的な空気感と色鮮やかで複雑な造りに
心を持っていかれました。

修繕が進んできれいに見やすくなっているので、
行ったことのない方はぜひ!

ore_161125_3.jpg

続いて、美ら海水族館!

沖縄に来た多くの方が訪れるであろう、
有名スポットですね!

大水槽に着いた時間帯がちょうど餌やりの時間で、
こんな光景に遭遇しました。

ore_161125_4.jpg

これ、すごくないですか?(笑)

ジンベエザメが垂直になり、
プランクトンを海水ごと丸飲みにしながら
補食している姿です!

初めて見るジンベエザメの姿に、
紅イモソフトクリームを食べながら
ただただ見入ってしまいました。

ore_161125_5.jpg

最後は海。

今回の旅行はシュノーケリングなど、
マリンレジャー中心に予定を組んでいました。

海の中で撮った写真は、用意できず...。
(前回もこのくだりあったような...)

みなさまにお見せしたかったです(泣)。

沖縄の海は本当にきれいで、
毎回、一番思い出に残る場所です。

最近、旅ブログになってきているので、
次回はまた違った一面をお見せできる内容にしますね。

お楽しみに。

今回のMEN'S Staff

unico stock 藤重 裕紀 ふじしげ ゆうき
unico stock
藤重 裕紀 ふじしげ ゆうき

秋といえば

November 18, 2016

秋といえば。
食欲の秋、行楽の秋、スポーツの秋、読書の秋etc.

夏がいつの間にか終わり、秋が来たかと思えば、
もう冬の足音が聞こえてきている。

「季節感ある遊びをしていないな...」
とつぶやいた休日前夜。

「そうだ、明日は山に登って料理して、
スポーツを楽しむ秋満喫フルコースにしよう」
と突然の決心。

思いついた行き先は、「高尾山」。

新宿から47分と、アクセス良好。
緑に囲まれてリラックスできるし、有酸素運動にもなる。
そして、高尾山口駅横には温浴施設があり、疲れを癒すこともできる。

家にある道具をかき集め、
スタッフの成嶋くんを連れて出発。

stock_01.jpg

派手な格好の私。
装いに少しばかり夏を引きずりつつも、いざ山頂へ。

「行楽の秋」スタート。

stock_02.jpg

呼吸が乱れる。
急な行動に体がついてきていないようだが、
一歩一歩確実に進んでいく。

息を弾ませながら山頂へ。

早速、第2の目的「食欲の秋」スタート。

stock_03.jpg

急なこともあり、食材が用意できるわけでもなく、
水、パスタ、バジル、オリーブオイルのみで
簡素なバジルパスタをこしらえる。

stock_04.jpg

その間、成嶋くんはヒコーキ造りに夢中な模様。

完成後は二人でヒコーキを飛ばしあうという、
ささやかな「スポーツの秋」を実施。

突然の発案かつ突然の行動だったが、
「秋といえば」を満喫することができ、
充実した一日を過ごすことができた。

あえてスケジュールを立てずに、
自由気ままに行動する。

次の思いつきは、いつになることやら。

今回のMEN'S Staff

unico 川崎 佐藤 直哉 さとう なおや
unico 川崎
佐藤 直哉 さとう なおや

フラッシュパッカー

November 11, 2016

突然ですが、「フラッシュパッカー」という言葉を聞いたことはありますか?

意味はいくつかあるのですが、そのひとつに
「光るモノを携帯して旅するバックパッカー」という意味があります。

つまりは、スマートフォンやタブレット端末を持って旅をする
バックパッカーもフラッシュパッカーのひとり。

今回はフラッシュパッカーとして、
バックパックひとつで旅に出てみようと思います。

旅先は「遺跡がみたい...」。
そんな思いつきからカンボジアのアンコール遺跡に決めました。

01.jpg

旅の相棒として選んだのはコイツ!!!

33Lと、街歩きにもちょうどいいサイズ感。
トラックの幌をリユースしていて、防水性も抜群です。
今回の旅にはぴったりでした。

あれよあれよという間に現地に到着。
東南アジアの移動手段としてお決まりのトゥクトゥクに相棒と乗り込み、
森の中を走っていると...。

02.jpg

突如、遺跡が現れました!

1000年以上も前に造られたとは思えないほど、
細部までていねいに造られていることに驚きました。

よく見ると表情もひとつひとつ異なり、
人の手による美しい造形に、ただただ感動するばかりでした。

03.jpg

そして遺跡は、何とも神秘的で不思議な雰囲気。
子どもの頃に抱いていた冒険心が湧きあがり、
夢中で散策し、写真を撮りました。

04.jpg

こちらは、相棒を写した1枚。
自分が写ることなく、ここに来たという確かな記録を残す。

僕なりの、フラッシュパッカーとしての楽しみ方を見つけた瞬間でした!

05.jpg

旅の楽しみ方はさまざま。
みなさんはどのように旅を楽しんでいますか?

それではまた!

今回のMEN'S Staff

unico 神戸 松井 義比古 まつい よしひこ
unico 神戸
松井 義比古 まつい よしひこ

ライブ!

November 4, 2016

前回のブログでも紹介した、京都府の丹後という地域。
ここが僕の故郷です。

pic1.jpg

海があって、山があって、自然豊かな場所。
そんな田舎で育った僕が、大阪へ出て感動した体験があります。

それは、ライブです。
ジャンルは主に邦楽のロック。通称、邦ロック!

見た目や僕のイメージからなのか、
意外!と言われることもあるのですが、ライブが大好きです。
行くたびに、かっこいいなぁと惚れ惚れしながら聞いています。

ライブが好きになったきっかけは、専門学校時代の友達からの影響。

誘われて行ったフェスが、田舎育ちの僕の想像をはるかに超えた迫力で、
その場の雰囲気に圧倒されてしまいました。

オーディオやテレビの中の存在だったアーティストが生で見られ、歌が聞ける。
こんな衝撃は他にはなかったです。

それからというもの、毎年ライブやフェスに参加するようになりました。
去年はYUKIのライブで武道館に。

pic2.jpg

そして今年もいくつかのライブに参戦しました。

まずはKANA-BOONのツアー。
疾走感があって魅力的な曲ばかりです。

pic3.jpg

つづいて、METROCK。
これまで東京だけでしたが、今年から大阪でも開催に。

pic4.jpg

5月に堺市にある海沿いの公園で行われたのですが、
初夏の日差しが気持ち良かったです。

そして、フェスといえばやっぱり夏フェス!
今年はRUSHBALLに参戦。

pic5.jpg

pic6.jpg

暑い、熱い、最高の夏の思い出となりました。

unicoのスタッフにも偶然会えて、
一緒に満喫できたのもよかったです。

秋になり、9月はCharaを見に。
とても心に残るライブでした。

振り返ると、本当にライブばかりの1年です。
今年も残り2か月ですが、あと何回いけるか
スケジュールとにらめっこの毎日です。

copyright © Misawa & co.,Ltd. All Rights Reserved.