• MEN'S
  • men's
  • MEN'S
  • MEN

12月08日(金)
更新!

unico MEN'S Staff Blog

オレunico

unicoのメンズスタッフが語る!日々のコト!家具のコト!インテリアのコト!

参加スタッフはこちら

今回のMEN'S Staff

loom 富山 笠原 誉礼 かさはら ほまれ
loom 富山
笠原 誉礼 かさはら ほまれ

晩夏の芸術祭

December 8, 2017

こんにちは。
早いもので、富山に来て1年。
こちらでの暮らしにもずいぶん慣れました。
月日が経つのはあっという間ですね。

先日は(と言っても2か月前ですね)、
石川の珠洲で開催された
奥能登国際芸術祭に行ってきました。

道のりは遠く、朝8時に出発し車で約3時間。

珠洲に着き、一番最初に向かったのは、
海沿いのキャバレー。

ore_171208_1.jpg

現在も夜間に営業しているという現役のキャバレーは、
なんだか映画の中に迷い込んだような雰囲気です。

次は古い大きなお屋敷へ。

ここは、昔の大地主さんのお屋敷なんだとか。
お屋敷の一角、壁一面には能登の風景が広がっていました。

ore_171208_2.jpg

広大なキャンバスに描かれた、鮮やかな風景に目を奪われます。

ここからまた移動。

道中見つけた定食屋さんで大盛りのオムライスを平らげ、
はち切れんばかりのお腹で次に向かったのは、
泡まみれの銭湯。

ore_171208_3.jpg

当時の内装をそのまま生かした
泡のインスタレーションアート。

ore_171208_4.jpg

レトロな看板が愛らしい。

お次は捻じれる巨大なオブジェ。

ore_171208_5.jpg

じっと見ていると、平衡感覚が狂いそうです。
その後ろには使われなくなった線路が続き、
映画「スタンドバイミー」のワンシーンのように線路を歩きます。(大げさ)

ore_171208_6.jpg

広大な自然とアートが同居する、なんとも不思議な風景です。

線路を進むと見えてくる荒廃した駅舎には、
"The future always begins with our memories″のメッセージが。

ore_171208_7.jpg

他にもたくさんの作品を見て回り、
日も暮れてきたころ帰路に着きました。

ore_171208_8.jpg

学生時代に、国東半島で行われていた芸術祭に行きましたが、
海辺の景色が続く半島の風景が、
何よりもきれいだったのを思い出しました。

荒廃した空き家に、使われなくなった銭湯や駅舎。
この土地の今と昔を、芸術というフィルターを通して垣間見ると、
僕たちが暮らすこの国に、訪れつつある困難について考えさせられる。

なんて、そんなことをふと思った
秋の風感じる、長く鮮やかな一日でした。

今回のMEN'S Staff

unico 吉祥寺 橋本 裕太 はしもと ゆうた
unico 吉祥寺
橋本 裕太 はしもと ゆうた

December 1, 2017

さかな。
酒菜とも書くように、その字のごとし。

友との久しぶりの再会を祝して乾杯する、ビール。
夢追うもの同士、語り合いながら酌み交わす、日本酒。
疲れたカラダに染みわたる、ウィスキー。

ぼくは、色んな場面で酒を友にします。
どんな時もぼくをなぐさめ、癒し、励まし、元気付けてくれる。
ぼくにとって酒は、切っても切れない仲なのです。

じゃあ、酒の肴は...?

ore_171202_1.jpg

見てほしい、この艶やかで脂がのった焼き鳥を。
余計な説明はいらない。
我を忘れて、無心で頬張る。
そして、ビール、ビール、ビール。
嗚呼、旨い。

ore_171202_2.jpg

次は、このとろりとした柔らかな様相のオムレツ。
フォークを通すのに力なんていらない、
口に運ぶ前からすでにとろけている。
そして、ピリッとしびれるウィスキーをなめる。
嗚呼、至福。

生きててよかったと思える瞬間がここにある。

肴。これもまた切っても切れない仲。
思い出すだけで、また飲みに行きたくなってしまう...

その前に、一風呂浴びてから出かけるとするか。

ore_171202_3.jpg

どこかの酒場で出会えるとしたら、
その時は美味しい一杯をご一緒したい。
そう思っています。

今回のMEN'S Staff

unico 福岡 藤野 泰宏 ふじの やすひろ
unico 福岡
藤野 泰宏 ふじの やすひろ

おいしく食べる

November 24, 2017

はじめまして。
藤野泰宏(ふじのやすひろ)と申します。

ore_171124_1.jpg

まずはじめに、簡単な自己紹介と、
僕が今大切にしていることについて
お話したいと思います。

「とにかく家具が好き。」
宮崎県出身の僕は、自然に囲まれた環境の中で、
少年時代を過ごしてきました。

身近にあった木々が、
木製細工や家具に生まれ変わる姿を見て感動したことがきっかけで、
家具や空間に興味を持ちはじめ、
今では家具が生活の中心となるような毎日を送っています。

ore_171124_2.jpg

ore_171124_3.jpg

ore_171124_4.jpg

古い木製家具や雑貨を扱うお店や、
ホームセンターの木材・金具コーナーは、
いつもワクワクさせてくれる場所です。

最近の休日は、そんなワクワクを
探しに出かけるのが楽しみになっています。

おすすめの場所があれば、ぜひ教えてくださいね。

さて、次にお話しするのは、
「おいしく食べること。」

僕は、食べることが大好きです。

ore_171124_5.jpg

特に今みたいな寒い季節は、
温かいものが身に染み込んでいくようです。

これもおいしかった!

ore_171124_6.jpg

これは1年程前、実家の母から突然送られてきた、
小学生の頃お気に入りだった器。

見た瞬間、懐かしさと同時に、
母からの無言のメッセージを感じました。
あの頃の気持ちを思い出して、ちゃんとご飯を食べなさい
という感じでしょうか。

そんな無言のメッセージを受け取り、
毎日おいしくご飯を食べていたら、
この1年で5キロも太ってしまいました。
これはダイエットをしなければいけませんね。。

次回は希望も込めて、
「ダイエットに成功した話。」と「先月生まれた姪っ子の話。」
を書きたいと思います。

では、また!

今回のMEN'S Staff

unico 神戸 石川 裕起 いしかわ ゆうき
unico 神戸
石川 裕起 いしかわ ゆうき

unicoリメイク部、再び

November 17, 2017

みなさま、おひさしぶりです。

前回のDIY記事(古いヒーターとアイロン台)に続き、
今回はデスク作りに挑戦してみました!

この夏、新たに引っ越しをしたので、
空いたスペースに置くコンパクトなデスクを。

まずは、御用達のホームセンターでSPF材をカット。

ore_171117_1.jpg

SPF材は色が白くてやわらかく、加工しやすいため、
初心者さんにもおすすめの木材です。

ラフな仕上がりにしたかったので、
あえて天板を4等分にし、それをまた継ぐ
という手間のかかるリメイク方法にしてみました。

木材をサンダーでやすりをかけ、表面を滑らかに。
その後、オイルステインを塗り、布ウエスでオイルを拭き取る。
そうして、ムラなく下地の色味を浸透させていきます。

ore_171117_2.jpg

乾いたらワックスを塗り、
さらに磨き、光沢を出していきます。

オイルステインのみの板と見比べると、
とても味わい深くなってきました。

ore_171117_3.jpg

(左 オイルステインのみ / 右 ワックス仕上げ)

思い通りの色味に近づき、しばし自己満足。


テーブルの完成にはまだまだここからです。

各部材の側面にドリルで等間隔に穴を開け、
接着材を流し込み、木ダボをはめていきます。

ore_171117_4.jpg

ore_171117_5.jpg

そうして、4つの板をすべて継いで、
裏面を銅版で補強したら天板が完成です!

ore_171117_6.jpg

でき上がった天板に、
古くなって捨てる予定だった机の脚を取り付け。

無事ぴったりとはまり、
ようやくデスクが完成しました!

ore_171117_7.jpg

大満足!!!

今度は何を作ろうか。
このデスクで、じっくり計画を練ろうと思います。

次回のDIYもお楽しみに!

今回のMEN'S Staff

unico 湘南 澤登 直樹 さわと なおき
unico 湘南
澤登 直樹 さわと なおき

引っ越ししました!

November 10, 2017

"引っ越しシーズン"
と聞くと、まずは3月~4月頃の、
桜と共に出逢いと別れが交差する季節を
想像する方が多いと思います。

ですが、実は秋も引っ越しをする人が多いんです!

そんな秋の引っ越しシーズンに乗っかり、
僕も新居へ移ることにしました。

まずは部屋探しから。
ここが決まらなければ話が進みません。

あーでもない、こーでもないと探し始めて1ヶ月。
たくさん悩み抜き、
ようやく理想の駅近新築物件に巡りあえました。

ore_171110_1.jpg

間取りが決まってからは、トントン拍子でいざ入居。
驚くほどの速さで当日を迎えました。

家具などを置くために、さっそく計測。

ore_171110_2.jpg

写真からは伝わらないと思いますが、
これから始まる新生活が楽しみで、顔がニヤけています。

ore_171110_3.jpg

手描きのつたない間取り図を書いて。

こんな間取り図からでも出来てしまう
unicoの3Dシミュレーターを使って、
家具を配置してみます。

ore_171110_4.jpg

出来た部屋がこちら。

ore_171110_5.jpg

うん。イメージ通り。

ですが、もっと理想に近づけるべく、
最近はインテリアショップを、巡る日々を送っています。

この部屋も次にご紹介するときには、
がらりと姿を変えているかも。

新生活にワクワクしながら、
また新たな楽しみが増えました。

copyright © Misawa & co.,Ltd. All Rights Reserved.